「agmiru」ロゴ
「agmiru」ロゴ

スマホで簡単!農作業記録そのものに価値をつけて、その価値を実利に繋げることを目指しています。

スマホ向けアプリ「agmiru」

スマホで簡単!
作業記録を
つけて
作物の
価値を上げる。

agmiru作業管理アプリは様々なスマート農業サービスをスマホ一つで簡単に利用できます。「日々の作業を記録するのは面倒だし、毎日記録するのも大変。」そんな方にこそ、もっと簡単にもっと楽しく使ってもらえるツールを目指しました。

こんな方におすすめ!

  • メモやノートに記録している方
  • excelに直接入力している方
  • 従来の作業管理が難しい方

使いやすく
便利な機能

  

LINEで記録ができる

LINEで記録ができる

日常的に使っているLINEからでも作業記録や振り返りができます。 LINEのアグミル Talkメニューから「管理する」を選び質問に答えるだけで、日誌が記録されます。 同じように、メニューから「振り返る」を選び質問に答えると、該当の過去の日誌が表示されます。 スマホ初心者の方でも直感的に操作できます。LINEで記録した内容は全てアプリへ保存されます。

天気・積算温度予測

天気・積算温度予測

今日の天気や週間天気予報はじめ、風向きや風速を視覚的に確認することができます。​記録した日の天候もデータとして残すことができるので、昨年の天候を振り返りからすぐに確認することができます。​また積算温度予測機能は、作物ごとに設定可能で、収穫適期や出荷時期の予測お知らせするアラート設定ができます。​​

農薬散布の管理

農薬散布の管理

日誌をつけながら農薬散布回数(量)の残回数を指定することでアラート通知を登録できます。​散布回数を間違えたり、農薬による事故や被害を防ぐなど活用できます。

日誌検索機能

日誌振返り検索

アプリやLINEで記録した作業日誌を項目ごとに振返ることができます。作業のカテゴリーや作業者、場所、作物などの項目から検索することができ、キーワード検索も可能です。​​​​​​

病害虫マップ

病害虫マップ

アプリやLINEで記録された病害虫情報を集約し病害虫の発生状況を、市町村別にマップとリストで確認できます。​期間(週/月/年)・病害虫名・市区町村・グルーピング(地域)ごとにリストが作成でき、PDFやCSVファイルのダウンロードも可能です。

カレンダー

カレンダー

カレンダーでスケジュール管理をしたり、メンバーと予定を共有することができます。​作業日誌で事前に作業の予定を登録した場合、登録した時間の1日前と30分前に通知がされますので、作業予定のリマインドとして活用できます。(アプリのみ)

メンバー招待

メンバー招待

アプリやLINEで記録する人を何名でも招待できます。(従業員やアルバイト)​記録する人には閲覧・編集の権限を付けることができます。​(例 売上の記録を経理担当者のみ閲覧・編集が可能)

ダッシュボード

ダッシュボード

アプリやLINEで記録したデータを一目で把握できるようになります。​作業の予定や振り返り、市況情報、週間天気、売上など、確認したい情報を自由に選択したり、配置も自由にカスタマイズできます。​毎日確認することで、気づかない課題が発見できます。

agmiruご利用者様の声

三好義範様

よしよしアグリ株式会社
香川県高松市

三好義範様
(キュウリ他野菜)

「機能の進化に期待できます!」

仕事内容や作業効率を上げるため、共有できるアプリを探していたところ、2020年農業Weekイベントでアグミルブースに立ちより、システムの要望を話したことを思い出し、アグミル作業管理が本格的にリリースされたことを知り、早速アプリを登録。登録後、直ぐに活用を始め作業効率が上がってきています。


作業終了後、アルバイトも作業ごとにスマホより入力をしてもらっています。私が栽培・収穫担当で、妻が販売などの交渉担当として作業の計画を立てています。2、3ヶ月の予定はスマホカレンダーを利用しアグミルカレンダーを見ながら情報共有ができるのが便利です。データを蓄積していくと、カレンダーから作業の見直しができるのも利点です。

今後はアグミル作業管理のカレンダーに計画をいれ、メンバーの休みや繁忙期・閑散期の計画が分かり、より仕事と休養のバランスができるように使用していきたいです。そして、日々入力したデータの蓄積により、四半期毎に分析もできるようになります。

アグミル作業管理は、圃場から登録ができるなど、機能がどんどん増え使いやすくなっているので非常に助かります!

ご紹介

就農6年目、法人化3年目。キュウリをメインに栽培。冬場は菜花、カブ、ブロッコリー、ニンニクなどの栽培を行っています。市場で自己ブランド農産物の信用を高めながら、「3世代が楽しめる,いつもの野菜をいつもの食卓へ」を掲げ、農産物の安定供給しようとしている。販売先は、主に関西方面ですが、JAや直売など、積極的に開拓しています。

石井昭一様

きざえむファーム 千葉県館山市

石井昭一様
(フルーツ・野菜)

「作業履歴を元に農業の原価を割り出し、作業効率や収益率を上げていきたいです」

これまでは他社の作業管理ツールをはじめ、カレンダーやノート、Excelを使って農作業の記録をつけていました。スマホをいじっていた時に、アグミル作業管理が出てきて、良さそうと思い導入いたしました。


agmiru作業管理では、労働単価を割り出したいと思い日々記録を付けています。

作業時間などメモを取ることがなくなりましたが、もう少し速やかに記録が取れるよう、過去に入力した履歴が出てきたり、作業入力していない時にはAIなどからLINEに「今日の作業は?」とか聞いてくるとか!できたらより便利になると思います!

今後は作業履歴を元に農業の原価を割り出し、作業効率や収益率を上げていきたく思います。操作が音声で入力出来ると良いですね!

ご紹介

千葉県館山市にて「自分でも食べたいものを作る」とこだわりをもってフルーツや野菜を育てていらっしゃいます。旬のおいしさがぎゅっと詰まった、フリーズドライのいちごやメロン、いちじくの加工品も作られています。

荒木様

てぃだぬファーム 沖縄県石垣市

荒木様
(パイナップル・カボチャ)

「スマホで記録すると意外と楽でした」

アグミルを知ったきっかけは、Facebookや農業系のポッドキャストで紹介しているのをみて使ってみました。 ほぼパソコンからの利用ですが、スマホでやったら意外と楽だなと思いました。気軽に記録ができるというのがありがたいです。


農薬の管理はこれまで文字で書いていたが、アグミル作業管理から選択し登録しています。 最近だと、パイナップルやカボチャの積算温度機能をつけはじめ、カボチャの定植から着花まで、どのくらいの温度だとどのくらい生育しているかを確認しています。

分析は、まだ見いだせていないので触ってないです。品目ごとの時間抽出や、経費をまとめて一緒にみれたら参考になりそうですね。 役所に認定新規就農の記録を出すときは、レポート機能から出力して使おうと思っています。また防除記録も農薬散布管理で抽出してプリントアウトやメールで送るとか使えそうだと思いました。

今後、外国人の利用に対してケアできるツールになると便利。 記録を取るのをし忘れている可能性があるので、夕方にリマインダーが出てくるといいですね。

ご紹介

石垣島でパイナップル・カボチャをメインに作っていらっしゃいます。屋号の「てぃだぬファーム」は、てぃーだ(太陽)と、ふぁ(子)という文字をつなげています。農作物は太陽の子供のようなものであり、そんな太陽の恵みを活かしてたくさんの農作物(子)を作るという意味を込めていらっしゃいます。


新倉好夫様・美津穂様

新倉ファーム 神奈川県三浦市

新倉好夫様・美津穂様
(野菜)

「感覚的に操作ができるので記録がしやすくなりました」

以前は個々手帳に手書きなどで記録していたのですが、家族全員で情報の共有をしていきたいと思いました。操作が簡単で家族全員が使うことができる記録アプリを探し、色々試したなかで『agmiru作業管理』が一番使いやすく、操作も簡単だったので使うことにしました。


「パソコンの操作が苦手なので、我が家ではagmiru作業管理アプリをiPadに入れ、家族全員で使用しています。売上管理や作業計画を立てるのは妻と息子の担当、私はLINEのアグミルTalkで作業の開始・終了、メモや写真などを記録することを担当しています」(好夫さん)

「販売先へ出荷伝票などを送信する際には、iPadでPDFをダウンロードし、LINEで送信しています。うちは秀品のほかに規格外品も扱っているため、agmiru作業管理に登録するときは、秀品か規格外品かがわかるように、“B作物”や“C作物”というふうに、等級+作物名で登録するようにしています。この方法は販売先へ出荷するときと、のちの振り返りのときにも利用しています」(美津穂さん)

「畑が広く、圃場も品目もたくさんあるため、それぞれの圃場ごとに備忘録的に記録をしています。スマホデビューして間もない私は、かろうじてLINEが使えるという感じなのですが、LINEで質問に答えていくだけで記録することができるので、とても助かっています」(好夫さん)

ご紹介

三浦市にて露地野菜、無加温ハウス栽培農家を営んでいる新倉ファームは、10カ所以上の圃場で30種類60品種もの野菜を栽培し、農協のほか地元のスーパーや飲食店などに出荷しています。

岡田高明様

農業生産法人㈱サンヒルズ沖縄
沖縄県国頭郡

岡田高明様
(マンゴー)

「紙の管理から解放され、全体の把握と共有がしやすくなりました」

これまではメンバーに作業が終わったら、業務日報をヒヤリハットも含めて紙で提出してもらっていました。その日何を感じたかを確認するのが重要ですが、日報はマネージャーたちを介して自分に届くので時間もかかりますし、問題があったとき即時対処もできず、日報のファイリングだけに時間が掛かっていました。


アグミル作業管理使い始めて、タイムラグなく同じタイミングでメンバー全員(20人位)が作業や問題点を見られるようになりました。

便利な機能として、メモに写真を添付できるため、虫が出た時など写真を添付することで、紙での管理が不要になりました。

今後アグミルに期待することは、農薬散布を安全に散布・管理できるよう登録方法の工夫とGAP申請に必要な農薬、資材の在庫管理ができるようにして欲しいです。

ご紹介

沖縄県本島最北端 世界自然遺産に囲まれた国頭村にて、沖縄最大のマンゴー農園を経営されているサンヒルズ沖縄。丹精込めて育てている燦々マンゴーを直売所やふるさと納税品、オンライン産直等にて販売されていらっしゃいます。

安藤徹哉様

安藤農園
静岡県富士市

安藤徹哉様(野菜)

「従業員との情報共有に使い始めました」

農業経営や作物の生産にあたり、「自然の恵みに感謝し環境負荷を抑えた栽培」にこだわっています。 agmiru作業管理は知人より紹介してもらい、従業員と圃場の場所や作業内容の共有をするために利用しはじめました。


agmiru作業管理を利用することにより、圃場の場所を正確に伝える事ができました。 作業記録をまじめに積み重ねることによって大きな資料になると思っています。

今後、UIデザインのやり易さやデータを紙媒体へのアウトプット(レポート機能の拡充)を期待しています!

ご紹介

安藤徹哉さんは、安藤農園19代目!
静岡県富士市で、露地野菜・水稲(お米)を栽培・生産。 ホウレンソウ・小松菜・水稲は早くからエコファーマとしての認定を受け、 2008年には枝豆も追加されています。有機肥料を使い、減農薬栽培に取り組み私たちの野菜やお米を皆様に 安心して食べていただけるよう日々努力し続けていらっしゃいます。

杉山 孝尚様

杉山ナッツ 静岡県浜松市

杉山 孝尚様(ピーナッツ)

「スタッフと一緒によりよい計画が立てやすいツールですね」

これまでもこれからも変わらずたくさんのデータを集計分析して、より良いピーナッツを作れるように意識していますが、基本的に作業の進め方などは私自身の判断で決めているので、それがLINEを通してスタッフと作業ごとの共有分析ができるのはとてもいいと思います。


今はタイムツリーというアプリを使って作業結果の報告をスタッフにつけてもらっていますが、実は結果よりも作業の内容や経過にヒントがあると思うので、その経過も共有できると、他のスタッフの意識や知識も向上できるのでありがたい。

あとは土壌分析や気象データ、顧客データなどもっとたくさんのデータを記録できると、agmiru作業管理だけで全て完結できるので簡単な入力だからこそ、そこにも期待したいです!

ご紹介

静岡県浜松市でピーナッツを栽培している杉山さん。独自の分析で添加物を一切使わない素材そのままの味を活かしたピーナツバターを販売されています。

今野 高様

宮城フラワーパートナーズ
宮城県加美郡

今野 高様(花)

「スタッフへの指示が整理できて明確になりました」

これまで私は自分で把握している作業を自分の頭の中だけにとどめていたので、都度スタッフへの指示が一つではなく、複数作業を指示していました。当然慣れているスタッフでも通常業務に加えて追加の指示なので、かなり大変だったと思います。


今回agmiru作業管理を使うことで、スタッフへの指示や作業項目の分類が劇的に整理され、今まで自分の頭の中にしかなかった全ての作業項目が細かく管理記録できるので、スタッフへの負担もだいぶ軽減できていると思います。

agmiru作業管理だと入力が簡単なのはもちろんなんですが、作業ごとの作業時間も明確になるので、経営者として作業効率や、スタッフの負担軽減をするためにどこに資金を投資すれば事業収益向上に繋がるかが見えてきます。あとは毎日の記録が3日坊主にならないような記録する目的を工夫してほしいです!笑

ご紹介

日本全体を変える事を意識しながら、東北のマーケットを中心に花苗を供給している今野さん。全国にネットワークを構築し、全量ホームセンター向けの流通を行なっていらっしゃいます。

篠山 直也様

流胤 京都府南丹市

篠山 直也様(複合農家)

「データ集計や指示出しが効率化できました」

生産にこだわりをもって取り組んできました。そのため、活動のデータ集計が煩雑化してしまい、指示出しの混乱や記入ミスの発生などが起こっています。


そこで、アグミル作業管理の説明を聞いた時に、このアプリで指示出しができ、工夫次第でさまざまな使い方ができると感じ選択いたしました。

LINEで指示を出しているので、LINEのグループ単位で入力もできると聞いているので、運用の方法など、アグミルを活用することで工夫しシンプル化していけたらうれしいです。レポート機能など充実すると聞いているので期待しております。

ご紹介

京都府認定のブランド地鶏を生産している流胤の篠山さん。ほんのり甘い真っ白な脂身を持つ、地鶏肉を生産販売しています。

たった1分

ダウンロード後から
記録開始までの流れ

スマホ1
作物販売
STEP 01

ダウンロード後お持ちのLINEアカウントでログイン

スマホ2
STEP 02

許可するをタッチ

スマホ3
STEP 03

確認をタッチ

スマホ4
STEP 04

開くをタッチ

スマホ5
STEP 05

新しい組織を作成をタッチして組織の項目を入力

スマホ6
作物販売
STEP 06

TOPページに表示された組織を選択して記録開始

よくある質問


A
パスワードが不明でログインできない場合は、ログインページ⇒パスワードをお忘れの方よりご連絡ください。


A
アプリの最新バージョンへアップデートをお試しください​。もし上記にてエラーが解消されない場合は、メニュー⇒その他⇒不具合を報告するのフォームより詳細を申告ください​。


A
マイページ ⇒管理情報設定⇒LINE ID連携にて再度LINE連携のご登録ください。


A
アグミル問い合わせ窓口 agmiru-support@reden.co.jp へお問合せください。


A
データ移行は可能です。ただし諸条件がございますので、詳細はアグミル問い合わせ窓口 agmiru-support@reden.co.jp へお問合せください。


A
5組織(農園/担当グループ)まで作成可能です​。管理者は全組織の登録内容を閲覧参照可能です。​メニュー⇒全組織メニュー⇒全組織レポート


A
メニュー⇒組織管理⇒メンバー管理⇒新しい招待状を送る⇒Eメールアドレスと役割を入力し招待状を送ります。


A
組織名⇒プロフィール情報⇒表示名 より変更ください​。※初期設定はLINEの登録名になります


A
メニュー⇒ご自身の組織名(農園名)⇒文字サイズ 小/中/大 3サイズより選択ください。


A
メニューの資材管理で登録した農薬に通知設定を行うことでアラート設定が可能です。
メニュー⇒農薬ツール⇒農薬散布管理⇒アラート通知設定したい農薬を選択⇒通知設定を選択⇒条件追加でアラート設定完了


A
農業ツールの天気・積算から設定が可能です。
農業ツール⇒天気・積算⇒積算温度 登録する⇒設定したい内容を選択⇒設定完了

*気象情報は毎日更新されるので、都度ご確認下さい​


A
マイページ⇒システムへ問い合わせよりご連絡ください。


A
LINEのID連携を再度行えばデータは見ることができます。

サービス利用料

スタンダードプラン

0円 / 月

  • 作業管理
  • 病害虫管理
  • 収量管理
  • 予定管理
  • 売上管理
  • 農薬肥料辞典/積算温度予測
  • レポート
  • ユーザー数: 無制限
  • 記録数: 無制限
  • 登録組織数: 5組織まで

無料で試してみる

組織管理プラン

38,500円~/月

農家・農業組織単位で管理

  • 作業管理
  • 病害虫管理
  • 収量管理
  • 予定管理
  • 売上管理
  • 農薬肥料辞典/積算温度予測
  • レポート
  • ユーザー数: 無制限
  • 記録数: 無制限
  • 登録組織数: 30組織まで

利用を希望する

※利用条件含め担当へご連絡ください

「agmiru」ロゴ

いますぐダウンロード

Apple Store
Apple Store QR code

GOOGLE PLAY
GOOGLE PLAY QR code